Abstract Art, Coffee And Art Photography In Osaka: The Slaby Sisters Exhibition Until July 9th

The Slaby Sisters: Johnna Slaby (painter) and Reylia Slaby (photographer) are pleased to present their first joint exhibition at the Intercontinental Hotel Osaka until July 31.. The exhibition features five pieces from each of their collections, and will be shown. Reylia and Johnna Slaby, twins, were born and raised in Osaka, Japan.

From a young age theywere free to explore and play within different facets of the art world. They began to develop a strong relationship with both Japanese and Western art, inadvertently creating their own fusions within the juxtaposing styles.

Oyster by Johnna Slaby

———

Johnna Slaby-Artist

http://www.johnnaslaby.com

Johnna Slaby is an abstract artist born and based in Osaka, Japan. Originally on the road to becoming a classical pianist, her career took a sudden turn when shediscovered urban sketching and fell in love with the rough lines, textures and the different ways of representing life. She made the transition from sketching to abstract painting from 2014. She currently experiments with incorporating physical objects and coffee (literally) into her work, creating pieces that start conversations of culture and the beauty in our everyday lives.

Reylia Slaby-Fine Art Photographer

Ame-Onna (雨女) “Rain Woman” by Reylia Slaby

Having been born and raised in Japan, Reylia Slaby uses the influences from her unusual upbringing as the main theme in her artwork. Her photos are a rich blend of the Japanese aesthetic, and is greatly revealing of her personal experiences and thought. Her desire is to weave all the different aspects of her life into her art. She strongly believes in an empirical body of work, and is adamant when it comes to adding an individual and unique meaning to each image. Photography entered her life as a gradient. Originally a semi-professional graphite pencil artist, Reylia made a gradual switch to photography around her teen years, and then discovered fine art photography in 2012. It instantly struck a chord, and she knew that she had finally found her ideal outlet of self-expression, and for years immersed herself in the fine art world though books, online sources, and other artist’s work that inspired and moved her.

About the space:

STRESSED patisserie is proud to present fine works of art on periodic exhibition. Having invited leading artists locally and from around the world to display their outstanding works at STRESSED, the patisserie has become a gallery of fine art with paintings and prints displayed and on sale throughout. Patrons can obtain a catalogue in the patisserie for more information about the artists and their works as well as listings of the artwork for sale.

 

The venue and time:

February 10th  2019- July 31 2019 

EXHIBITION SPACE Intercontinental Hotel Osaka

STRESSED Patisserie 

DME lives! Sunday Night (February 10) Celebrate The 3 Day Weekend at XEX Nihonbashi

Journey beyond Roppongi (old), Shibuya (teenyboppers) to XEX Nihonbashi this Sunday starting at 6:30 for dance, music, entertainment and booze. It’s DME NIGHT

3 hours of music, dance, DJs and drinks. Also featuring special guests, The Dream Team, with a singer alleged to be the second-coming of Whitney Houston. Features live performances by Jai, Zenon, Miku, and a dance showcase (starting at 8pm) featuring our favorite cosplayer/peformer  Fenix (“Storm) and others.

There’s speculation that The Dream Team might include Tokyo’s favorite siren, Zoe. But you’ll have to go to know.

Will ZOE be there?

Brought to you by DME World.


Get some body art, get your groove one.

Entrance fee (入場料)
●Advanced 前売り(予約制)
¥2500/1D
●Door 当日(予約なし)
¥3000/1D
●VIP (予約制)
¥9000 / A glass of champagne/4 drink tickets/ Table / Sofa

Located here:

2/10(Sun) 18:30-21:30
@XEX Nihonbashi (XEX日本橋)

YUITO build. 4F 2-4-3 Muromachi Nihonbashi Tokyo
(中央区日本橋室町2丁目4-3 YUITO/日本橋室町野村ビル4階)

http://www.xexgroup.jp/nihonbashi/

 

TRUTH is better than fiction. Nominate the Best Journalism in Japan For the True Story Award.

Thanks to the True Story Award, a new prize for written reportage, from 30 August to 1 September 2019, over 60 reporters from right around the world will come together in Bern, Switzerland. Nominate the best journalists and stories in Japan. 

 

Today, submissions open for the True Story Award, the first global award for reporters writing for newspapers, magazines and online publications. The prize recognises written reportage from all countries and in 12 of the world’s most widely spoken languages. The prize will be awarded to work that stands out through in-depth research, journalistic quality and societal relevance.

 

The prize seeks to motivate journalists from across the world and to support their work. In many places around the world, the loss of diverse and independent media coverage of events and developments is damaging the ability of the public to freely form critical opinions. Which makes it even more important to have courageous and innovative reporters – in all societies and countries. It’s for these reporters that the True Story Award has been created. To begin with, a jury representing 29 countries will nominate a total of 42 reporters. Following this process, an eight-person jury will determine the winners.

 

The nominees and selected members of the international jury will be invited to attend the prize ceremony in Bern, Switzerland. But it doesn’t end there. At a three-day festival, they will share stories about their work in various contexts around the globe. At some 50 public events, they will provide insights into the conditions under which their research was carried out, will discuss some of the obstacles and resistance they faced, tell stories, and provide the public with new persepectives on contemporary events. It will be the first festival of its kind in the German-speaking world. Apart from the award ceremony, entry to all events will be free.

 

The prize was conceived and launched by Reportagenmagazine, and the True Story Award and the accompanying festival will be carried out in close collaboration with Bern Welcome. The prize is funded by the newly founded True Story Award Foundation.

 

Please direct enquiries to:

Sabrina Jörg, Dvents Director, Bern Welcome, sabrina.joerg@bern.com, +41 (0)79 473 27 43

Daniel Puntas Bernet, Editor in Chief Reportagen, daniel.puntas (at) reportagen.com, +41 (0)79 662 54 47

Marcel Brülhart, Chairman of the Board, Bern Welcome, bruelhart (at) recht-governance.ch, +41 (0)79 359 59 66

 

 

 

Bern Welcome

Bern Welcomebrings together city marketing, tourism and local activities in the city of Bern. This merger is the first of its kind in Switzerland.

The organisations Bern Tourismand Bern Meetings & Eventsare both included under the umbrella of Bern Welcome AG, and share a joint strategic and operational structure.

Bern Welcomeis primarily funded by the city of Bern, the business network BERNcityand the associations Hotellerie Bern+Mittelland andGastroStadtBern.

 

 

Reportagen

Reportagenis an independent magazine for contemporary storytelling. Outstanding authors tell fascinating stories from around the world. Researched in the field, with the protagonists themselves, and off the beaten track. A new edition every second month. In a sleekly designed paperback and a digital format.Reportagenis available in bookstores and from newsagents, in the App Store and by subscription.

日本での素晴らしい報道・報道記者を国際賞にノミネート下さい!応募が大歓迎

True STory Award 国際リポーター会合が2019年にベルンで開催

 

 優れたルポルタージュを称える賞が新設されました。この『トゥルー・ストーリー・アワード(True Story Award)』の開催に伴い、2019年8月30日から9月1日にかけて、60人を超える優秀なリポーターたちが、世界中からベルンに集結します。

 本日より、始まります。こ

 

 

この賞では、全世界で活躍するジャーナリストを励まし、彼ら/彼女らの仕事が、さらに優れたものになることを目指しています。多くの地域では、多様な意見を持ったメディアの声が失われていることが確認されています。これにより、独立した出来事を報道する姿勢や、自由で批判的な世論を形成し、成熟させる機会が失われているのです。したがって、勇気を持って変革を起こそうとするリポーターの存在が、ますます重要になっています - そのようなリポーターの存在は、社会全体、そして世界中の国々にとって極めて重要な意味を持ちます。彼ら/彼女たちのために、この『トゥルー・ストーリー・アワード』は創設されました。第1選考では、29カ国から招集された選考委員によって、42人のリポーターがノミネートされます。その後、8人の主要選考委員によって、受賞者が決定されます。

 

ノミネートされた候補者、そして世界中の選考委員の一部が、ベルンで行われる授賞式に招待されます。それだけではありません。この3日におよぶ授賞式では、各リポーターが、世界中で行ったそれぞれの仕事について講演します。およそ50もの一般開放された講演のなかで、各リポーターは、自身が取材調査した環境に関する洞察を伝え、取材中に遭遇した逆境を描写し、そこから紡ぎ出されたストーリーを物語ります。これにより、リポーターは、聴衆に向けて、現在進行中の出来事への新たな視点を提供します。特筆すべきは、このようなフェスティバルは、ドイツ語圏内で初めて開催されることです。これらの一般公演への参加は、授賞式を除いて、無料となる予定です。

 

この賞のアイディアやコンセプトは、雑誌『レポルタージェン(Reportagen)』によって発案されました。『トゥルー・ストーリー・アワード』と、その関連フェスティバルの運営は、「ベルン・ウェルカム(Bern Welcome)」との密接な協力作業によって行われます。この賞の運営資金は、この組織運営のために設けられた「トゥルー・ストーリー・アワード基金」によって賄われます。

 

詳細に関するご質問は、こちらまでお送りください:

 

ザブリーナ・イェルグ(Sabrina Jörg)、「ベルン・ウェルカム」イベント担当マネージャー、 sabrina.joerg@bern.com, +41 (0)79 473 27 43

ダニエル・プンタス=ベルネット(Daniel Puntas Bernet)、『レポルタージェン』編集長、 daniel.puntas@reportagen.com,  +41 (0)79 662 54 47

マルセル・ビュルハルト(Marcel Brülhart)、「ベルン・ウェルカム」所長、 bruelhart@recht-governance.ch、+41 (0)79 359 59 66

 

 

 

ベルン・ウェルカム(Bern Welcome

ベルン・ウェルカムは、ベルン市の企業誘致マーケティング、ツーリズム、および多様なアクティビティを統括して支援するための運営組織です。このような複数の機関が統括された組織は、これまでのスイス国内にはありませんでした。ベルン・ツーリズム(Bern Tourismus)やベルン・ミーティング&イベント(Bern Meetings & Events)のような組織は、株式会社ベルン・ウェルカム(Bern Welcome AG)の系列組織として所属し、共通の戦略や業務運営のもとに活動しています。

ベルン・ウェルカムは、主にベルン市、ベルン商工会(Gewerbeorganistation Bern City)、そしてベルンおよびミッテルラントのホテル連盟(Verbänden Hotellerie Bern + Mittelland)、そしてガストロ・ベルン(GastroBern)による支援を受けています。

 

 

 

レポルタージェン(Reportagen

レポルタージェンは、物語としての現代を伝える独立運営の雑誌です。突出して優れた作家たちが、世界中からスリリングなルポルタージュを執筆しています。出来事が起きている現地で取材調査を行い、当事者と直接向き合い、現在報道されている世界の舞台裏を伝えます。2ヶ月に1度、デジタル版と高級に仕上げられた印刷版の両方で、新刊が発行されます。「レポルタージェン」は、本屋などの店頭、アプリストア、そして定期購読によって購入することができます。

Rock Out To Feed The Hungry! Monday, December 3rd–Improve your karma instantly by coming

In Tokyo, about two million people live below the poverty line. That means many families find it difficult to put food on their tables. The need is especially great during the holiday season, when many other residents are enjoying festive meals and celebrations.

For the second-straight year, Tokyo-based indie rock band Instant Karma is teaming up with the Second Harvest Japan food bank to help feed the less fortunate. The band is holding a night of music and fun at Ebisu’s What the Dickens pub on Monday, December 3, 2018.

Instant Karma–the band that rewards your good intentions with good music and a chance to do some good in this world.

Admission to the event is free, but attendees will be encouraged to make donations to the food bank which, in turn, will use the money to provide meals and food for those in need.

“We wanted to do something for others over the holiday period,” says Instant Karma guitarist/vocalist Mike de Jong. “Nobody should go hungry over the holidays.”

The band will play three sets of music, combining popular cover songs with originals. All four band members have agreed to turn over their payment for the night to the charity.

The Second Harvest food bank was established in 2002. The non-profit organization works with community groups to gather and distribute food to people across the country.

Last year’s Second Harvest event at What the Dickens raised several thousand yen for the charity. This year, organizers and participants are hoping for even better results.

“Last year’s show was a lot of fun. But it was more of a year-end party for volunteers,” says de Jong. “This year, it will strictly be a fundraiser. So even though it’s a Monday night, please come out and support people who need our help.”

Have one drink, make one donation, do one good deed, Instant Karma!

Contact: Mike de Jong at Instant Karma
MDMedia20 [@] gmail.com for more details. (Remove the brackets in the  address above when you send an email. 😉)

The Way of the Sword Requires a Ton of Sacrifice/ZAN movie review

by Kaori Shoji
You don’t know cool until you’ve seen ZAN (international title: “Killing”). A period action film set in the late Edo Period, ZAN is everything that The Last Samurai is not: minimalist, unpretentious and totally unsentimental. Back in Old Japan, sentiment was often a luxury few people could afford. It was hard enough to secure things like food and basic comforts, and the situation was harder for the samurai because they had to keep up appearances as the authoritative class.
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

“I want you to think about all the mistakes you’ve made in your life up to this point,” he tells his bleeding victim. “You have plenty of time for reflection until you finally manage to die.”
ZAN notes that a samurai was defined by two things: 1) his sword and 2) his ability to kill others with that sword. The film also makes no bones about the incredible pain and grossness that accompanies a sword fight. It’s not like a TV period drama where one swish of a katana brings on instantaneous death–the process takes hours or even days of intense suffering. In one scene, after a close battle a samurai slices off the arm of an opponent, right from the shoulder. “I want you to think about all the mistakes you’ve made in your life up to this point,” he tells his bleeding victim. “You have plenty of time for reflection until you finally manage to die.”

Chilling. Isn’t it? ZAN is a lesson in Edo Period brutality and despite the obvious disregard for period detail (like speech patterns and vocabulary) it all feels eerily true. No one cracks a smile, wears make-up or even changes out of soiled kimonos. The sky is heavy with perpetual rain, the houses are pitch dark, cramped and dingy. The threat of pain and death is ever-present and the only respite is sex, or more often, masturbation. Something has got to give, but you sense right away that the giving isn’t going to be happy.

ZAN is directed by Shinya Tsukamoto – arguably the most innovative auteur working in the Japanese flm industry today, and distinctive for working solo. An indie wunderkind, he directs, writes his own screenplays, works on his own production designs and acts in crucial roles, in his own and other peoples’ films. Tsukamoto even auditioned for Martin Scorsese’s Silence and got the part of Mokichi. Rumor has it Scorsese thought Tsukamoto “looked familiar,” as the American director is a fan of his work, but didn’t believe that a man of Tsukamoto’s repute would actually show up for an audition. Scorsese was later flabbergasted to learn the truth and professed to be “in awe” of Tsukamoto – at least that’s the story floating around in the Japanese movie industry.

But it’s easy to believe that Scorsese was impressed because as an actor, Tsukamoto radiates a macho allure that’s hard to resist. In the movie, he plays an older samurai named Sawamura, a mysterious vagabond traveling from village to village in search of talent. Sawamura has an agenda – to form a platoon of free agent samurai and offer their services to some powerful lord. The era is late Edo, when the whole of Japan was in the fever grip of confusion and intrigue, all the while being pressured by Europe and the US to open up the nation, after nearly 260 years of isolation. Against this backdrop, hordes of samurai were fired from their clans and left to fend for themselves. Many of them were recruited as foot soldiers by the Tokugawa shogunate and its supporters that were anti-foreigner and desperate to preserve the status quo. Sawamura’s own political views are unclear but most likely he has none. Like many unemployed samurai at the time, gaining a steady position was the biggest priority and as a samurai, that meant killing people with his sword. “I want to do my part in these chaotic times,” he explains.
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER



Sawamura’s statement reveals the Edo samurai mind-set: Fighting for a cause or a political slogan was tacky. Killing to assert one’s identity as a samurai, was more like it. He wanders over to a village on the outskirts of Edo and observes a young samurai, Tsuzuki (Sosuke Ikematsu) having a mock sword battle with farmer boy Ichisuke (Ryusei Maeda). Tsuzuki had been hired on a farm in lieu of food and board, and had been giving katana lessons to Ichisuke whenever they had a moment free from working the rice paddies. Tsuzuki is an excellent swordsman and under his tutelage, Ichisuke has acquired a lot of skill. Sawamura wastes no time in recruiting them both, and proposes leaving for Edo in two days. Ichisuke is keen to go but Tsuzuki is inexplicably reluctant. The presence of Ichisuke’s sister Yu (Yu Aoi) is part of the reason – Tsuzuki always masturbates to the sight of her bathing and the story suggests he is a virgin. Could it be that he’s also a virgin as a murderer, and for all his grace and expertise with the sword, Tsuzuki has never brought his blade down on another man’s flesh?

ZAN twists and writhes its way to a bloody climax and by then you become well aware of the wondrous weirdness of the samurai. They are darkly backward in their thinking, swayed by a single desire to assert their samurai identity, which is on par with the will to kill. It overrides all other desires – for happiness, for justice, even for survival. It depicts not the noble samurai of Japanese fiction and The Last Samurai, but the samurai as they really were: bloody, brutal, barbaric and with no notions of the word Bushido(武士道). Bushido, both the word and the concept of a noble samurai were retroactively imposed upon the Edo-era culture by the writer Inazo Nitobe in 1900. His book Bushido: The Soul of Japan, written in English, was aimed at Western audiences, and tried to elevate the popular image of Japan. (The “Cool Japan” strategy of 1900).

In ZAN, the opening of Japan to the West and the subsequent demolishment of the samurai was just around the corner, but Tsuzuki and Sawamura are locked into an existence that no one, not even themselves, could fully comprehend or accept. They take us to a place that defies logic and explanation, to a time when such things were beside the point. It’s only when the lights come on that we take stock of what Japan has lost in the wake of modernization and wonder briefly whether the trade-off was completely worth it.

Now playing in Japan. Click here for showtimes and venues are here

Editor’s Opinion: Yet, are the samurai really missed? ” For the peasants and underclass who were often brutalized by the samurai, probably not. Samurai could legally murder the lower class of merchants, farmers, prostitutes, etc–kirisutegomen–for being impolite or simply being annoying. The movie reminds us that maybe for the rest of us, the cutting down of the Samurai was a boon to Japan, not a curse. What do you think?

タイトル:『斬、』

読み方:ざん

公開表記: 11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開!

クレジット:

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也 

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也

2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 

製作:海獣シアター/配給:新日本映画社 

Hey Fellas, Wanna be a “Guyjin” Idol In Japan? Read the story so far and then think on it…

by James Collins

On a typical day in December 2016, while drinking beer and eating yakitori in a smoke-filled Izakaya somewhere outside of Tokyo, I confessed my idea of creating Japan’s first all foreign male idol group to my girlfriend. Fashioned after the ubiquitous AKB48 idol group, I called the group Guyjin48, a play on the Japanese word gaijin, which means foreigner. The group would have members from all over the world, which would sing songs entirely in Japanese. The idea had struck me shortly after moving to Japan in 2013 while surfing for Japanese music on the Internet. It was my first time being introduced to the concept of Japanese idol music, but for some reason I felt compelled to try and create a group of my own, regardless of the fact that I had absolutely no experience in music production. My girlfriend liked the idea and the next day we created a logo, wrote out the concept, and created our first help-wanted ad looking for future foreign idols of Japan.

The guyjin idol band that could have been

The concept of the Guyjin48 project evolved over a period of three years, mostly from observing Japanese society and learning about the many pressing issues the country is dealing with, i.e. their greying population and the dire need for foreign labor. So the group went from being simply an act of curiosity to having an actual message and becoming more of a conduit for creating meaningful conversation, even if at surface level it appears to simply be only a bunch of foreigners singing idol music. Japan needs diversity. Japan needs to learn how to play nice with their impending deluge of foreign immigrants. Not exactly the most popular conversation right now, but one that must be had in my opinion. Like medicine-coated in sugar in order to make easier to swallow, I thought pop music might make the conversation a little easier to have.

A couple weeks after announcing the project, Crunchyroll, a widely used Japanophile website created an article based on the little information we had on the internet, and within hours the article had been translated into several languages. Other articles popped up here and there and it seemed there was a thirst amongst niche groups of foreigners who relished in the idea of finally being able to become a real idol in Japan. We began receiving multiple applications a day from people all over the world wanting to join the group, mostly from Indonesia. We also got our first bit of negative attention from the western community who claimed I was a disgusting racist for using such an offensive word as the group name.

It has almost been two years since starting the project with absolutely no experience and very little money. We have since changed the name to COLORFUUUL, we were able to team up with DJ Shinnosuke from the hip-hop group Soul’d Out, and I have finally been able to meet people in the industry and have started to see support from certain media outlets.

Despite all of this, and despite the fact that we have been able to create an album, created original dances, and already have multiple performances and interviews lined up, we recently have had a pretty big setback. Three out of the five original members of the group decided to leave, all within a matter of a few days. So we are once again looking for people to help us make this project a reality.  (Editor’s note, there has been at least one successful foreign idol in Japan, Ms. Amina Du Jean) who retired last year.)

So lonely….

If you think you can dance, sing, and have what it takes to be a foreign idol in Japan, then you might be what we are looking for. Auditions will be held at the end of October, so if you are interested please send applications to:

contact@jamtinpro.com

This is a chance to not only be part of a project attempting to pave the way for the foreign idol community but also to do your part in spreading a message of diversity and acceptance in Japan. Then maybe one day we can all hang out at that one place in Golden Gai that still doesn’t allow foreigners at the moment.

 

 

COLORFUUUL: 日本初全メンバーが外国人男性の

アイドルグループは募集中。

 

2016年12月、東京を離れてある居酒屋で私は焼き鳥と酒を堪能しながら、日本初全メンバーが外国人男性のアイドルグループを作りたいという思いを彼女に明かした。近年人気を博した国民的アイドルグループAKB48と同じように、グループの名前をGuyjin48にしようということも決めていた。Guyjinは外人という言葉をもじっており、外国人と英単語の男子という二つの意味がかけられている。日本に住んでいる各国からのメンバーを集めて、日本語の曲を歌わせるという構想を持っていた。2013年に来日してから当分の間日本の音楽シーンについて調べていたのだが、AKB48の存在を知ってからは、彼らの外国人バージョンのグループを作りたいと強く思うようになった。なぜそのようなアイディアをとっさに思いついたのかは今でもよく覚えていないが、プロデューサーとしての経験ゼロの私であったがすぐに挑戦する気持ちがみなぎっていた。彼女に相談すると、「いいアイデアだね。やってみよう」と賛成してもらい、次の日からすぐにロゴやコンセプト、求人告知を製作することに一緒に取り組んだ。

 

Guyjin48のコンセプトは3年間ずっと磨き続けてきた。最初は面白半分のような計画であったが、日本社会を観察し日本が今直面している色々な問題を知っていく中で、もっと社会貢献を目的にしたものにしようと考えるようになった。表面的にはただの外国人アイドルグループに見えるかもしれないが、彼らの活動を通して、日本社会の問題を提起することができる有意義な会話を生むことができることを目標とした。日本はもっと多様性に寛大な社会になるべきである。近年増え続けておりこれからもその数の増加が予想されている、日本国内の外国人労働者を含めた在日外国人と日本人がより仲良く,お互いのことを理解し合える環境を作っていくべきである。なかなか取り掛かりずらい問題ではあるが、東京オリンピックの開催やグローバル化が進む昨今の世の中で、早急に取り組まなきゃいけない問題であるのではないかと個人的に思う。堅苦しい話題であるかもしれないが、だからこそGuyjin48のようにポップな音楽を通して問題提起をすることが効果的であると信じている。

 

Guyjin48のコンセプトを発表した2週間後、「Crunchyroll」という英語圏の日本マニアの方向けのウェブサイトにグループのことを取り上げて頂き、数時間のうちに色々な言語の記事があちこちに拡散された。その時点で、日本で本格的なアイドルになりたいという夢を抱く外国人の数はとんでもないことが分かった。それから絶対グループに参加したいとアピールする応募者たちから毎日たくさんのメールを受け取り、また興味深いことに過半数はインドネシア人であった。Guyjin48のコンセプトへの反響は大半がポジティブなものであったが、そうでないものも少数ではあったが存在した。「外人」いう言葉は、一部の西洋人には非常に攻撃的に受け取られてしまい、彼らからの反応は喜ばしいものではなかった。このような反応は最初から危惧していた要素ではあったが、一部の人からは予期していなかった厳しい言葉も浴びせられてしまった。

 

経験とお金を全く持たずしてGuyjin48のコンセプトを発表してからほぼ2年が経過した。誰のことも傷つけないようにグループの名前をCOLORFUUULに変更して、元SOUL’D OUTのShinnosukeさんに作詞作曲をして頂き、業界の方とも顔を合わすようになり、メディアにも時おり出して頂けるようになった。

 

順調にみえたグループであったが、最近大きな挫折を経験することになってしまった。初のアルバムを製作し、三曲分のダンスも作り、ライブやインタビューもこれから何本も入っていたのだが、5人いるメンバーのうちの3人が突然脱退してしまった。したがって、日本初の全メンバー外国人男性アイドルグループを実現するにはまた新たなメンバーを募集しなくてはならないことになってしまった。

 

そこで歌とダンスに自信があり日本でアイドルになれる資質を持ち合わせていると思う方は、ぜひメンバーに応募していただきたい。10月下旬にオーディションを行う予定があるので、応募したい方はcontact@jamtinpro.comまでメールを送ってください。日本に住む外国人にとっては、日本のアイドルの世界への扉を開くムーブメントに参加するだけではなく、日本国内の多様性と日本に滞在している外国人への寛容性を高めようというメッセージを広めるチャンスでもある。興味がある方はぜひ応募してください。よろしくお願い致します。

Heal your heart and body with FYE workshops: Find Your Element in Fall 2018

Tokyoites, as much as we love Japan, it’s a stressful place. If you don’t know the language, even more so. And actually, sometimes knowing the language makes it even worse. If you’re looking for some spiritual healing, relaxation, leadership skills and/or guidance try attending the  Find Your Elements Workshops already underway this fall .

Find Your Element Workshop ’18 Fall Season〜 A 12-Week Program for Inner Discovery and Inspiration will feature some great speakers, teachers, and philosophers. Unmask your true self! Learn to be a pirate! Get some tips on healthy eating for sound mind and body.

 

ナチス時代へ逆戻りする日本。共謀罪法案は安倍政権のタイムマシーン?

(帰って来たヒトラーの日本版が実録映画かもしれない)

もしナチスと日本帝国が第二次世界大戦を制していたら。想像しただけで恐ろしい話だが、21世紀の日本において、それを実現しようとする動きがある。舵を取るのはもちろん、釈放されたA級戦犯岸信介の孫である安倍首相だ。いよいよ憲法改正の時期を2020年と明言した首相だが、『我が闘争』を教材認定してみたり『ヒトラー選挙戦略』に推薦文書を寄せる大臣らを内閣に置くなど、ナチスへの肯定的な姿勢を無視することは難しくなってきた。

5月3日首相自らが明らかにした2020年の憲法改正だが、ナチスがワイマール憲法を都合よく改正していったように日本が誇る戦後の平和憲法を一新するつもりのようだ。それに向けての一歩として共謀罪法案が衆議院にて可決され、現在参議院審議中である。この法案は日本帝国の暗黒時代ともいえる1925年から1945年の間、日本を恐怖に陥れた治安維持法の再来と言われ、国会前デモや専門家を含め反対する声は数多く上がっている。治安維持法は、制定された当初は共産主義や反政権派を取り締まるためのもので一般市民は対象とならないとされていたが、いつの間にやら政府批判を口にする者は夜の内に消え、二度と姿を見ることはなくなったという。今回の共謀罪は「テロ等準備罪」とされ、あくまでもテロに及ぶ犯罪組織を取り締まるためのもので一般人は対象とならないとされているが、法案内に記載されている277の違法行為は解釈によっては容易に範囲を一般人に広げることが可能といえる。この危険性を察知した国連人権理事会のケナタッチ特別報告者からも法案の人権侵害の可能性を懸念した書簡が首相宛に届いている。

しかしこの警告に対して安倍首相は外務省を通じて「強く抗議した」との報道。批判には国内はもちろん、国外からであっても耳を傾けない強硬姿勢を見せている。

政党をナチスになぞらえるのは最も安易な政治批判とされているが、 安倍政権とナチスの共通点を見て見ぬふりすることは日に日に難しくなってきている。安倍政権がナチスへの敬意を公言しているからなおさらだ。 ナチスと戦前軍国独裁主義への異様な憧憬は政権発足当初から確かにそこにあった。

2013年夏、かねてから失言でメディアを賑わしてきた副総理そして財務大臣である麻生太郎が支援者へのスピーチ内で「ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうか」発言している。

また、安倍内閣の高市早苗総務大臣と稲田朋美政調会長に関しては日本のネオナチと呼ばれる山田一成とのツーショット写真が露呈した。そして高市総務大臣はさらに『ヒトラーの選挙戦略』に推薦文を寄せていた事が発覚し、海外メディアを賑わせたが国内メディアは目を瞑った対応となった。

公にナチスをお手本にしているようでは、類似点を指摘されるのも仕方のないことだ。

追い打ちをかけるように、安倍首相は国際的にも非難される在特会との関係が知られる山谷えり子氏を国家公安委員会委員長に任命。首相自身、そしてその他の閣僚たちからも在日韓国人への差別に異論を唱える声は聞こえてこない。そして政府は4 月にはヒトラーの『我が闘争』は教材使用に適切と認定した。野党の質問に対し、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と述べるにとどまった。

この件に関して当初主要メディアは報道を自粛したようで取り上げられることは少なかったが、世論の猛反対によってやっと取り上げられた模様だ。そして松野博一文部科学相は4月25日の閣議後記者会見に「人種に基づく差別やジェノサイド(大虐殺)は絶対に許さないという意識を定着させるため、教育の充実を図っていく」と強調したが、これまでの安倍政権の姿勢を見ると今ひとつ説得力に欠けて見えることは否めない。

また今年に入って政権は、特攻隊の思想の源となった教育勅語も再導入を検討していることを発表。明治天皇に1890年に制定された教育勅語は、最大の善行は天皇のために命を捧げることと国民を諭すものだった。そしてそのイデオロギーが原動力となり後の神風特攻隊、人間魚雷、沖縄の集団自決などの悲劇が起きたといえるだろう。戦後、1948年に衆議院決議にて「これらの詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すものとなる」という言葉と共に失効が認定されたのだ。それにも関わらず再来の危機が目前まで迫ってきている。戦前回帰を求める軍国主義者にとっては「進歩」の一年といえる。銃剣も体育の種目として再び導入されることとなっており、戦前教育復活に予断がない。

また、安倍政権はこれまでに繰り返し、ナチスを見習うような節を見せている。自民党のマニフェスト自体が、戦前の帝国主義の復活を謳うものといっても過言ではない。神の子孫である優れた大和民族がアジアを制し、下位に当たる他のアジア民族を労働や性の奴隷として使う、といったところか。

直近で日本が直面している危機といえば先述の共謀罪強行採決だろう。現在参議院審議のこの法案だが、正式には「テロ等準備罪」。曖昧な名称だが、その内容も不透明な部分が多々あり、二人以上の人間が犯罪を犯す準備行為に及んだ場合、実際に罪を犯していなくても罰せられるというものである。しかしこの「等」そして「準備」という文字は何を指しているのだろうか。その定義の決定権は政府にあるというのである。つまり、一般市民のいかなる日常行為も犯罪行為になり得る危険性を孕んでいるのだ。

現段階で277の犯罪が対象とされており、切手の偽造、無免許で競艇レースに出ることなどが含まれている。しかし改正によっていくらでも項目は後から追加できる。

政府は採決を進める理由として2003年に国会承認した国際連合条約(TOC条約)に批准するために共謀罪が不可欠であると主張。しかしこれは国民を煙に巻く口実でしかない。

ジャパンタイムズによれば(http://www.japantimes.co.jp/news/2017/03/25/national/media-national/how-the-word-terrorism-can-help-pass-a-bill/#.WRqYg1N96SM) 既に日本弁護士連合会からこれを論破する声が上がっている上に、国連関係者からも「この条約はテロに特化したものではない。主要な目的は人身売買、麻薬取引や資金洗浄など国家間の犯罪の防止を強化することだ。」との指摘もある。

政府は「テロ」と「2020オリンピック」という二つのキーワードを駆使して、「世界一安全な国造り」を推し進めようとしているのだ。そして首相らが描く安全国家の完成形は、国民を常に監視下に置き、政府の管理のもと反対意見を徹底的に排除する社会だろう。

これでは治安維持法の再来と言われても無理はない。1925年に制定されたこの法律は戦前の日本において、政治的弾圧の最も効果的な手段だったと言われている。制定当時は共産主義を取り締まるための法律であり、一般市民は対象とならないとされていたものの、気づけば一般市民の監視、逮捕が日常茶飯事になっていたという。

憲法学者の飯島滋明教授は何ヶ月も前に共謀罪への警笛を鳴らしていた。「この法案は我々の憲法の最も重要な三つの原理に背く可能性がある。基本的人権の尊重、平和主義、国民主権の三原理を疎かにすればまた暗黒時代に逆戻りしてしまう。これは治安維持法の現代版である。」

このように、なんとも恐ろしい共謀罪法案の強行採決だが、これは戦後の平和憲法を取り壊し、戦前の日本を取り戻すという政府の最終目標に向けての序章でしかない。

一つ確かなことは、安倍政権は有言実行であるということだ。

少し遡ってみよう。

2013年の麻生大臣のナチス失言のあと、安倍政権は世論の大反対を押し切り特定秘密保護法を押し通した。これは文官、公務員が特定秘密を漏洩した場合10年間、また記者や一般市民が特定秘密を露呈、もしくは特定秘密について質問した場合5年間の服役が課せられるといった内容の法律である。ここで注目すべきは、どの情報が特定秘密に分類されるのか政府が公開しなくても良いという点だ。(http://www.japantimes.co.jp/opinion/2014/12/13/commentary/japan-commentary/abes-secrets-law-undermines-japans-democracy/#.WRLR1lN96SM)

これでは、無実な一般市民が特定秘密について質問しているとは知らずに、自身が犯した罪さえ分からないまま罰せられるというケースも起こりかねない。カフカ小説のようなシュールな話だがこれが現実になりうる未来が日本を待ち受けている。

さらにこの特定秘密保護法の採決は日本が海外にて戦争に参加することを可能にしてしまった。昨年の明仁天皇の生前退位表明を、平和主義を守り抜こうとする天皇の政府への抗議として捉える世論は少なくない。天皇が現状の憲法の絶対的支持者であり、戦時中の日本軍の数々の悪行を悔いているということは確固たる事実なのだから。

戦後70回目の憲法記念日でもあり、共謀罪採決に国が揺れる5月3日、 安倍首相は極右翼神道カルトである日本会議が主催した会見にて2020年1月までに憲法改正を目指すと発表した。国民の反発はすぐに聞こえてきたがもちろんおかまいなしだ。

ここまで来れば自民党の憲法改正案は日本が戦争国家になる以上の危険を孕んでいることが明快である。安倍首相は2012年の自民党改正案発表時に改正案に「緊急事態要項」 が含まれることを明らかにした。これは国家への外部攻撃、内乱や自然災害が起きた場合、内閣の承認を得て緊急事態を宣言できる権限を首相に付与するというものである。さらに、内閣が通常の法案採決の過程を経ずに、法律と同じ効力を持つ法令を発令することも可能となる。首相は国会を通さずに予算を採択することもできる。

日本の法律学者ローレンス・レペタ教授は、これはナチスの戦略から直接引っ張ってきた手段だと言う。具体的には、ワイマール憲法にあった緊急事態要項を巧みに使いドイツ国会議事堂の放火を受けて「首相や官僚の暗殺を企てたり協力した者は処刑、もしくは終身刑または15年以上の服役に処すと宣言した。さらには国会議事堂の放火魔が共産主義であったという事実を捏造し、共産党を禁止し全国選挙の出馬候補者全員に逮捕令状を出した。企てる、協力するという行為は警察や検察によっていとも簡単に捏造された」。

調査報道に定評のある『報道ステーション』でも、政府批判を理由に古舘伊知郎氏が降板になる前にこんな特集を組んでいた。2016年3月16日に放映されワイマール憲法から学ぶ、自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ』と題された特集は自民党提案の「緊急事態要項」とワイマール憲法第48条内の緊急事態事項の類似点を検証したもので、2016年ギャラクシー賞を受賞している。特集内ではドイツの憲法学者がこれら二つの要項は本質的に同じであると明言し、ナチスがこの憲法の欠陥を乱用して権力を拡大していったことを見れば、日本も改正案を持って進めばこの先同様の危険が待ち受けていると警告している。

森友学園問題から国民の気をそらすために安倍首相が憲法改正時期を発表したのではないかとする声もある。

しかし、そうであれば、安倍首相率いる自民党がまさにナチスのように巧みにメディア操りプロパガンダを刷り込んでいるといえるのではないか。まずは報道の自由を制限し、政府の動きを国民が把握できないようにする。そしてあとはやりたい放題。2011年には報道の自由ランキングで世界11位だった日本だが、たった6年で72位にまで急落している。

ヒトラーにゲッペルスがいた。トランプにはバノン、ルパート・マードックが付いている。そして安倍首相には世界最大購読数を誇る読売新聞、そして読売王国の帝王渡辺恒雄が付いているのだ。

その癒着ぶりは、国会答弁で憲法改正について問われた安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく(インタビューに応じた)読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読して頂いてもいい」と発言したことからもありありと伺える。

安倍首相と仲間たちが作り上げたプロパガンダマシーンは準備万端だ。自民党はネット上での反対意見を糾弾するサイバーパトロール隊に報酬を与えて、ソーシャルメディアにもプロパガンダ拡散を推し進めている。そして首相の旧友である籾井氏を会長に任命した国家放送NHKは、今ではすっかり安倍テレビと化している。朝日新聞によれば、党内での異論もすべて弾圧に成功してきたため、党員もみな「ビッグ・ブラザー」に怯える日々だという。

これで日本会議の望む憲法を実現する要素はすべて揃った。

日本は来た道を着々と遡って、過去へと突き進んでいる。そして安倍首相は祖父、岸信介の叶わぬ夢を掴み取る寸前まで来ている。戦犯として逮捕されながらも裁判にかけられなかった岸は後に首相となり、帝国主義の復活を謳った。そしてそれは その夢は安倍晋三の原動力となっている。共謀罪法案の採決は自民党が2012年から静かに構築してきた軍国主義タイムマシーンのソフトウェアだったのだ。

歴史は繰り返すというが、日本では歴史改ざんを繰り返した挙句、過去から学ぶことができず今に至ってしまったようだ。それがこの世界の宿命なのか。民主主義を犠牲にしてまでも自身の意思を突き通した者が君臨する新たな時代。トランプ、プーチンそして安倍。「悪の枢軸」ならぬ「エリートの枢軸」誕生なるか。

しかし、安倍総理や自民党の老害幹部は歴史から学ぶことができなくても、歴史の大切さが分かる偉い人はまだ存在する。国家神道の復活を夢見る日本会議が、尊敬しているであろう偉人だ。

それは天皇陛下。

2015年の新年挨拶を改めて取り上げましょう。

「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。

この1年が,我が国の人々,そして世界の人々にとり,幸せな年となることを心より祈ります

合掌

 

(この記事はThe Daily Beastの英文記事に基づいて書かれ、趣旨翻訳)。

Japan’s Secret Shame (The Story Behind The Story)

Shiori Ito is a brave journalist who has taken on Japan’s rape culture and has pursued justice in her own case. The BBC released a documentary “Japan’s Secret Shame” about Japan’s lack of ability to deal with sexual assault in the country and why her accused assailant was allowed to walk away, even after an arrest warrant on charges of rape were issued by the police. The documentary is hard to view outside of the UK, so if you’d like to know mere, here’s everything you should know until it’s released here. Many of these articles were written for The Daily Beast, which has been supportive of the investigative journalism behind these stories.
Also, it should be noted that weekly magazine, Shukan Shincho (週刊新潮), was the first periodical to write about this story and pulled no punches in accused the administration of Prime Minister Shinzo Abe of blocking a rape investigation.
Below is a list of articles that we’ve written on the case, some at a time, when no other major news media outlet would touch the story.
The stories are in chronological order here and the final entry is being updated when possible.
The cover-up (June 2017)
Shiori Ito came forward to talk about her rape and the lack of investigation of sexual assault in Japan.