グローバルポップグループ「NOW UNITED」 ⽇本代表メンバーを! (応募締切2⽉23⽇)

スパイスガールズ、アメリカン・アイドルなど世界的アーティストを⼿掛けた

サイモン・フラーがプロデュース!!

グローバルポップグループ「NOW UNITED」の

⽇本代表メンバーオーディションを開催!!

1次審査<メール> :メールにて(応募締切2⽉23⽇)

If you're a young Japanese woman who's got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.
If you’re a young Japanese woman who’s got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.

株式会社XIX Entertainment (本社:ロンドン、プロデューサー:サイモン・フラー)は、世界デ

ビューを控えているグローバルポップグループ「NOW UNITED」の⽇本代表メンバーを募集するオー

ディションを、⽇本国内向けに開始いたしました。「NOW UNITED」は、スパイスガールズやアメリ

カン・アイドルなどの世界的アーティストや⾳楽番組をプロデュースし、デヴィッドとヴィクトリア

ベッカム夫妻のビジネスパートナーとして活躍してきた⾳楽業界のビジョナリー、サイモン・フラー

がプロデュースを⾏う、世界各国から選抜されたメンバーで構成されるグローバルポップグループで

す。

⽇本代表メンバーを選出する本オーディションは、⽇本の才能が溢れる16歳〜19歳の若者男⼥から⼀

名を選出し、すでにオーディションが⾏なわれた韓国や中国、イギリス、⽶国、ブラジルなどを含む

11ヶ国から集結したメンバーと⼀緒に、新しいグローバルポップグループメンバーとして夏以降のデ

ビューに向けて、レッスンやレコーディングを⾏っていきます。

 

1次審査はメールでの申し込み形式にて実施。1次審査通過者は、2⽉26⽇(⽇)に予定している2次

審査に進み、来⽇するサイモン・フラーによる直接の審査を⾏います。

グローバルポップグループ「NOW UNITED」の⽇本代表メンバーとしてデビューするチャンス

新しいグローバルのポップグループ「NOW UNITED」は既存のグループとは異なり、踊りや歌だけ

ではなく、リアルタイムでグループの⾳楽や私⽣活にアクセスできるようになるのが⼀つの特徴です。

若者が如何に熱意のある演技ができるのかがオーディションのポイントとなります。「⽇本の⾊鮮や

かでスケールの⼤きい⾳楽と踊りの世界が⼤好きで、今回のグローバルグループにもその要素を取り

⼊れることがとても⼤切だと思いました。踊れて歌えるのはもちろんのこと、それ以上に世界を舞台

に⽇本を代表できるタレントを求めています。」とサイモン・フラーもコメントしております。

 

 

●オーディション詳細および、⼀般の⽅からのお問い合わせ先

nowunited@mitsui-ag.com

2次審査<リアル> :サイモン・フラー来⽇!1次審査通過者を対象に、

2⽉26⽇(⽇)に東京で開催予定

 

<1次審査:e-mailにて申し込み>

nowunited@mitsui-ag.com へオーディション申請⽤紙と共に

写真とパフォーマンス動画(YouTubeでも可)を送信。

応募期限は2⽉23⽇まで。

ステップ2

<2次審査:サイモン・フラー来⽇リアルオーディション>

オンラインオーディション応募者の中から、選考によって選出された⽅は、2⽉25⽇、

26⽇に予定しているリアルオーディションに進み、来⽇するサイモン・フラーによっ

て直接審査を⾏います。

●オーディション詳細および、⼀般の⽅からのお問い合わせ先

MAIL : nowunited@mitsui-ag.com

【メッセージ】

なぜ「NOW UNITED」に⽇本⼈メンバーを希望しているのか?

⽇本は⾳楽にとても⼒を⼊れている国の⼀つで、ポップミュージックの最前線にいます。JポップはK

ポップが流⾏するずっと前からありました。⽇本のポップカルチャーそのものが⼤好きで、スパイス

ガールズも⽇本でローンチしたくらいです。⽇本ならではの⾳楽とファッションに対するセンスやオリ

ジナリティはとてもリスペクトしています。

⽇本のポップとダンスカルチャーは世界の舞台でどのように活かせると考えているのか?

⽇本はポップカルチャーでもダンスカルチャーでも常に最先端にいます。「NOW UNITED」はクール

でエネルギッシュな⽇本⼈メンバーなしでは成り⽴ちません。⽇本は⾳楽でもファッションでもとても

クリエイティブで、⽇本のカルチャーはグローバル規模でも影響⼒が強いと思っています。

【応募資格】

・オーディション動画の作成時の年齢が14歳から21歳の⽇本⼈男性・⼥性であること。

・合格後、アメリカ合衆国および、その他海外での活動・渡航が可能な⽅。

 

Ladies of Japan: Last chance to be “The New Spice girl!” or World Idol! Apply By February 23rd!

Remember the Spice Girls? (Like a AKB48 but with human rights and a decent salary)—Well, the man who launched them and produced the show American Idol, is creating a new global group, Now United, and he’s looking for a Japanese woman to join the team.
If you're a young Japanese woman who's got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.
If you’re a young Japanese woman who’s got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.
The  initiative is led by LA-based British entrepreneur and producer Simon Fuller.  Simon is well known for having launched the Spice Girls, having produced the TV show American Idol, and also worked with many other famous global artists like Annie Lennox (Eurythmics), David and Victoria Beckham, etc.
Simon Fuller is in the midst of putting together a global pop group, the first of its kind in the world, and he is looking for talented members to join from 11 countries around the world.  He has prioritized Japan as a top priority, recognizing it as a market of exceptional talent and importance, and would like to conduct casting in Japan to find a member to join this group.  Applicants should be 16-19 years of age (we have a little bit of flexibility to go 14-21), with dancing and singing skills, and not already signed to a management company/agency.
We will have an audition event in Tokyo on February 26th.  We are currently accepting applications in advance for this, and applicants can submit either online through the Now United website, or to this team directly: nowunited@mitsui-ag.com
Follow the links below for everything you need to know.
If you're a young Japanese woman who's got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.
If you’re a young Japanese woman who’s got talent, try your hand at joining this super global pop group. Apply by February 23rd.
The final members selected for the group will receive professional vocal and dance training in LA (all expenses paid of course), and then later this year the group will launch globally with a major record label and then begin touring internationally.

AKB48: A Microcosm Of Dark Corporate Japan. Sexual exploitation of child labor is sooo cute. (Book review)

akb48 black companies

One of the first things you’ll notice about the Japanese – men AND women – is the apparent lack of awareness regarding issues like gender and racial discrimination, worker exploitation, social injustice and other stuff that have western observers of our culture taking one look and scratching their heads. That stuff about a member of the Tokyo Metropolitan Assembly yelling out harassment remarks to a female politician while the Assembly was actually in session? I regret to have to tell you that such incidents are way too familiar to the average Japanese to sink in below sea level. It’s only when someone else (i.e., a westerner) is looking at us that we come to our senses and profess to be shocked. Otherwise, well, we’re too busy working and being exploited and having our Constitution rewritten to suit the hawkish inclinations of the current Prime Minister. But I digress.

Meet The New Zegen 女衒 (Sex merchants)  Same As The Old Zegen 

AKB48 aren't just a band of teenage girls creepily sexually exploited by a money-grubbing management team that includes an ex-yakuza associate, they're also symbols of how badly workers in Japan get screwed over--in every way.
AKB48 aren’t just a band of teenage girls creepily sexually exploited by a money-grubbing management team that includes an ex-yakuza associate, they’re also symbols of how badly workers in Japan get screwed over–in every way.


Shohei Sakakura, author of “AKB 48 and the Black Companies (AKB48と日本のブラック企業)” – is one of those rare Japanese with the mindset of a western intellectual. As editor-in-chief of Posse magazine, Sakakura first alerted the public to the presensce and prevalance, of black companies.  Until then, most of us thought it was kind of normal in a Japanese way, to put in “service overtime (サービス残業)” hours, meaning we accepted the fact of working in the office until dawn without getting paid it. We also accepted getting laid off without notice, no maternity or paternity leaves, discrimination against women, sexual and moral harassment in the workplace, poor wages and did I mention no overtime pay? 

To the Japanese, work proffers its own reward and justification and with news of the unraveling global economy we were grateful to be able to work at all. Of course the majority of the Japanese KNOW exploitation exists, and that this was one of things that was wrong with the country and the rest of the world. This is why we have so many “izakaya (pubs)” around – where else to drown our sorrows  but in beer stains? 

And now AKB 48, in case you didn’t know, is the brain child of Yasushi Akimoto, aka the King Midas of the Japanese entertainment industry. Everything he touches has turned to gold – unfortunately, the gold stays firmly tucked in his pocket without benefitting the girls he ruthlessly expolits. But there it is – the man certainly knows how to make a yen from peddling idoru fantasies to love-starved males with glasses and bad skin.  

Who IS Akimoto anyway? Sakakura’s book doesn’t do much digging about the man – he just assumes that the Japanese know who Akimoto is (we do) and leaves it at that. Suffice to say, Yasushi Akimoto is what 50 years ago many older Japanese would describe as a “Zegen 女衒”or merchant who dealt exclusively in young women. A Zegen was the middleman who bought and sold girls (often with the express consent of the parents) to the sex trade and entertainment industry and too bad for the Japanese that no one bothered to distinguish between the two until the GHQ came along to tell us Nooooo, they were different. (Okay, we got that now.) The GHQ also did much to stomp out the Zegen operating in and around Tokyo but the middlemen simply went on doing what they did, and took on another name: “entertainment producer.” From sex shows and strip houses to brothels and the euphemistically called “bars,” the Zegen had their fingers in all the right pies (yuck), and kept the best for entertainment industry, which had direct pipeline to the yakuza.


Girls from the country, whose parents couldn’t afford to send them to school or arrange good marriages, came to Tokyo in droves and were snapped up by a Zegen producer or another. The lucky ones made it to the TV screen and when that no longer worked, were taken down a few notches to serve as bar hostesses or cabaret dancers, and eventually wound up in a brothel. It was the oldest story in the book, repeated ad nauseum. 

Yasushi Akimoto was a Zegen with a vision – having never been popular in high school himself, he recognized the deep sexual frustration and vast need for sexual fantasies festering in the educated and dateless Japanese male. When he came out with “Onyanko Club” in the mid-1980s, people were blinded by the sheer genius of this man. Here he was, peddling quite ordinary high school girls on TV, who all got up on the studio stage to teasingly sing “oh please don’t take my school uniform off, no-no-no!” to an audience who could never hear such titillating pleas when they were 18 so was totally stoked to hear it now, from a gaggle of winking girls all beckoning SIMULTANEOUSLY. 

Needless to say, the Onyanko went “viral” long before the Internet came along and deep down, we suspected that if Akimoto wasn’t around to appease the Otaku populace with these girls and their pleated skirts, the nation’s sex crime rate would soar drastically. 

Akimoto subsequently married an Onyanko (and he was too smart to pick the prettiest of the lot, but went for a quiet, mediocre type) and settled down in his idol manufacturing kingdom. Then he unleashed AKB 48 to the Japanese public – which basically means 48 Girls in Akihabara. These girls were grass roots level – they had no connections, no prestige, and was willing to work till they dropped. Most telling of all, they were excessively and agressively, ordinary. 

In his book Sakakura lays bare disturbing but familiar facts: Akimoto treats the girls like fast food workers – hiring and firing in bulk, with hourly wages to match. The ones in the coveted “center position” are the prettiest, and supposedly the best dancers with the best paychecks but the vast crowd of girls behind the stars — they’re mired in obscurity. And once the girls “graduate” (i.e., fired) from the group, they’re left with no skills or abilities and their detour into the sex trade is a lot swifter than the days of Onyanko. 

Yasushi Akimoto is a Zegen through and through – he’s found a way to cash in on the criticisms and problems within the AKB, by having the girls sing songs (written by him of course) about revolution, sacrifice and worker exploitation. For Akimoto, even capitalist irony works in his favor. Karl Marx is puking in his grave. 

Sakakura writes that though he’s not an AKB fan per se, he does sympathize with the plight of the girls and sees them as a micro reflection of the huge labor problems that continue to erode Japan’s supposedly peaceful and egalitarian society. And let’s not forget that the PM is a HUGE fan – but then Japan’s highest political leader seems to love it when young people are put in situations where they have to fight and bleed and claw their way to survival. To him, “that’s the true Japanese spirit.” Yeah, right. 

Continue reading AKB48: A Microcosm Of Dark Corporate Japan. Sexual exploitation of child labor is sooo cute. (Book review)

The JK Biz (日本語版)未成年の性的搾取(JKビジネス)と日本の異様な「カワイイ」

(本記は未成年の性的搾取(JKビジネス)と日本の異様な「カワイイ」。仮和訳が英文の下です。

This article was originally run for VICE NEWS as (元原稿→)

In Japan, Teenage Girls Folding Paper Cranes Has Taken on a Whole New Meaning

 

 

When weekly magazine Shukan Shincho reported on AKB48 management past ties to the yakuza, no one was surprised. The JK Business is a seedy con game and who knows how to run one better than former criminal associates & loan sharks?
週刊新潮がAKB48の経営者らが暴力団と関わりを持っていたことを特報した時は、大手マスコミがその記事を無視した。稼ぎ頭の秋元君を怒らせると、金銭的に損するだけだから。道徳的損害は配慮していない模様。

 

性は商品として売られることに日本人は男女を問わず寛容な傾向がある。大人が合意によって行っている前提であればそれは「寛容」と呼べるだろうが、未成年が対象となると全く別の話だ。また、「合意」の部分についても誤謬がないか。

日本の10代の少女たちが折る千羽鶴が全く別の意味を持ち始めた(2015年7月21日掲載)

禎子と千羽鶴という児童書の中で、1945年広島に原爆が投下されたとき爆心地の近くに住んでいた12歳の女の子が白血病と診断され余名宣告を受ける。女の子は鶴を折り始める。日本では千の鶴を折れば願いが叶うと言われているのだ。

 

禎子はこの作業を完遂すれば生きられると願って鶴を折るがやり遂げる前に亡くなる。実話に基づいた本である。

 

しかし最近、折り鶴は希望ではなく10代の少女搾取の象徴となった。5月、警視庁は池袋で下着姿の女子高生が鶴を折るのを男性客に見せる店を営業していた男3人を逮捕した。クリオネという名のそのクラブは警察が踏み込んだ際、18歳未満の少女2人を働かせていた。

 

客はマジックミラーのある半個室に座り、鶴を折っている少女たちのスカートの中を覗き見ることができた。入場料が40分間で5000円だが5分間に1000円払えば指名した少女を見ることができた。警察筋によると店はまた、個室で少女と2人きりになり性的行為を受ける機会も提供していたという。

 

クリオネの強制捜査は日本で急増するJKビジネスと警察の闘いの最新局面だ。JKとは女子高生を表しているが、10代の少年を搾取するビジネスもある。我々はドキュメンタリー「売りに出される女子生徒(Schoolgirls for Sale in Japan)」に見られるJKカルチャーを取材した。

 

https://news.vice.com/video/schoolgirls-for-sale-in-japan

 

最も広くみられるサービスにJKお散歩がある。「女子高生と一緒に歩かせてもらうこと」という意味で、客は金を払って日本のティーンエイジャーと出かける。こうした散歩の行き先は往々にしていわゆるラブホテルである。つまりJKビジネスの多くは10代の青少年の売春と違法な性的取引である。

 

「どうして男性が女子高生に夢中になるのか分からない。私たちが無力だからか、自分と同じ年頃の女性の相手をできないからかも。」と19歳のバーテンダー、リサは匿名を条件に我々のインタビューに応じた。リサは世田谷区でガールズバーと呼ばれるようなホステスクラブで働いている。女の子をカウンターの向こうから ―基本的には― 出さないことでガールズバーは風営法に触れるのを逃れてオールナイト営業している。

 

16歳のころ、リサは秋葉原のメイドカフェの店先に立ってJK体験をしたい男性がデートに誘ってくるのを待っていた。メイドカフェは主に男性客を相手にし、名前のように女性がセクシーなメイド服を着ている場所である。そこではしばしば客を「ご主人様」と呼ぶ。リサは店の外に立つだけで、中では働かなかったのだが、ただセクシーな服を着ていたのだという。

 

近づいてきた男性は20代前半から80歳くらいまでと様々な年齢だった。大抵リサに夕食をご馳走し、連れて歩いた。それでリサは1時間に5000円から1万円稼いだ。リサの下着を買いたがる男には12,000円くらいで売った。いつも何枚か用意して持ち歩いていたのだ。リサは当時母親と東京の郊外に住んでいて金銭的に豊かでなかったのだという。

 

リサは放課後や週末働いていたが、こうした男と性行為をしたことは一度もないと言う。また、自分が何をしているかを友だちには話さなかった。

 

「私は馬鹿だからそういうことをしていたわけじゃない。自分は賢いと思っていた。どんなバイトよりもたくさん稼げたし。」とリサは言う。

 

17歳のとき、30代前半の男性がリサを夕食に誘い、飲み物をおごったあとカラオケをしにラブホテルに行こうと提案した。男はその時間分もっと金を払うしセックスはしないと言って安心させた。しかしホテルの部屋に入ると男はドアを閉めてリサを押し倒してレイプした。事の後、リサが泣いている間に男はリサの携帯電話から電話番号を書き留め、財布から身分証明書を盗んだ。

 

「男は警察に行くなら行けと言ったの。警察にいって好きな事を言えばいい、おれは警察におまえはあばずれだ、金は払ったんじゃなくてお前に揺すり取られたって言ってやる、そうすればお前は未成年売春で少年院行きだ、って。ものすごく腹が立ったけど、すごく怖かった。私は被害者だったけど、男の言う通りで、警察に届けたくなかったの。」

 

JKビジネスはめったに強制捜査を受けない。ほとんどのJKビジネスが表向きやっていることは完全に合法なのだ。女子高生に話しかけるのは犯罪ではないのだから。JKビジネスには公開の撮影会で男と一緒に写真撮影しDVDを売り出すジュニアアイドルというものもあり、こうした中には13歳にしかならない少女もいる。

 

JKカルチャーの影響は社会の末端部分に留まらない。先月、ソニーの仮想現実ヘッドマウントディスプレイ、Project Morpheus用に作られたデモ画像では透けるセーターとホットパンツを着た若い白人女性がユーザーにむかって、先生になって日本語を教えてくれるかと尋ねていた。

 

JKビジネスへの寛容さはおそらく、絶大な人気を誇る少女「アイドル」グループ、AKB48にも繋がっている(アイドルとは公的人格において少女っぽい可愛らしさが強調される歌手、女優、モデル、テレビタレントなどの若い芸能人のことである)。頻繁に入れ替わるメンバー ―AKB48は88人ものメンバーがいて、全員がファンの間での人気でランク付けされている― が煽情的な歌詞の歌を歌いビキニで雑誌の表紙写真のモデルになる。

 

メンバーはセックスしたりデートしたりするのを禁じられている。2013年、メンバーの一人、峯岸みなみは恋人と夜を過ごしたのを見つかった後、いかに反省しているかを表明するため頭を剃った。AKB48は2013年の年間総売上が132億円と報じられた。2014年の3月までにグループは3000万枚を超えるアルバムを売り上げ、同年12月には3000万枚を超えるシングル盤の売上げ記録を作った。

 

日本最大の購読数をもつ読売新聞は「KODOMO新聞」にAKB48のコーナーを作っている。

 

AKB48はおニャン子クラブで成功を収めた秋元康が発案した。秋元は「会いに行けるアイドル」というコンセプトで2004年にAKB48を立ち上げた。彼は、たまにあるコンサートでしか会うことができない他のアイドルとはちがい、専用劇場で頻繁に公演する身近なアイドルグループを作ろうとしたのだという。東京にあるAKB48劇場は今やファンのメッカである。

 

秋元は日本の芸能界の請負人としてもてはやされている。ベテラン記者の庄司かおりは2014年にJapan Subculture Research Centerの記事で秋元をそれとは違う名で呼んでいる。

 

秋元康は50年前なら年配の日本人の多くが女衒(若い女性だけを売買する商人)と呼んだ存在である。女衒は少女を(多くの場合親のはっきりした同意を得て)性風俗や遊興業界に売買する仲介業者であった。戦後GHQは東京および周辺での女衒の営業を撲滅に努めたが、こうした仲介業者たちは単に同じ商売を続け「エンターテイメントプロデューサー」という別の名を持つようになった。彼らはセックスショーやストリップ劇場から売春宿や婉曲的にバーと呼ばれる場所まで、これという商売にはすべて関わり、一番売れそうな少女たちをヤクザと直接繋がりを持つ芸能界のために取っておいた。

 

秋元とパートナーの芝幸太郎は2004年にマネージメント会社オフィスフォーティーエイトを設立した。設立の資本の一部は東京の広域暴力団山口組系後藤組(現在は良知組に引き継がれた)が出資したと言われている。2013年5月、週刊新潮がAKB48のマネージメントと組織犯罪(山口組後藤組等)との繋がりについての暴露記事を掲載した。記事では2003年に芝が暴力団員や準暴力団員と一緒に撮った写真が紹介された。この写真で芝は暴力団組長後藤忠政の妻と並んで立っていた。

 

この記事によると ―我々VICE Newsも警察筋に確認済みであるが― 芝は背後に暴力団がついた高利貸屋でキャリアをスタートした。警察の情報では秋元は2008年の秋まで暴力団員と付き合いがあった。

 

オフィスフォーティーエイトは当初は暴力団の資金供与を受けたのだろうが、現在では日本の芸能界において存在を確立している。その芸能界では繰り返しヤクザを排除する試みがなされては失敗に終わっている。

 

秋元はまた2020年東京オリンピック組織委員会の理事を務め、内閣官房が日本文化の宣伝のために設置したクールジャパン推進会議のメンバーでもある。

 

AKB48のトップアイドルたちは何百万も稼ぐ事ができるが、残りのメンバーの多くは時給1200円も稼げない。AKBを「卒業」した ―言い換えれば失業した― 少女の多くは結局アダルトビデオ業界で働くようになった。しかしAKB48は日本の芸能界にとってドル箱なので秋元を糾弾する者はほとんどいない。2012年にCNNが行ったどうしようもないインタビューにおいてAnna Corenは秋元にこう問いかけた。「日本社会には10代少女の性的特質の強調が確かに行われていて、食い物にしているという人もいます。あなたの映像では、そういった少女に、制服やビキニやセクシーな下着を着てお互いの顔から食べ物を舐めとったりキスしたりお風呂に入ったりさせていますが、あなたは何らかの形でこの問題に加担しているのでしょうか。」

 

秋元の答えは「ないですね、それはアートですから」というものだった。

 

それ以来秋元は外国メディアを避けている。

 

今年、人身売買の被害者支援組織ライトハウスがブルーハートという10代の少女向けの漫画誌を発行してJKビジネスの危険について警告した。

 

ライトハウスの代表、藤原志帆子は我々の取材に答えて言った。「JKビジネスは日本の社会病理です。AKB48の存在がそれを助長していると言うことはできませんが、その名前は始終耳にします。『AKB48の誰それが今アダルトビデオ(AV)に出ているよ。それもスターになる道だよ。』―そんなふうに騙されて少女たちはポルノに出演するんです。」

 

藤原によると少女が「10代のアイドルになれる」契約をもちかけられるのは珍しいことではない。路上でスカウトされ「モデルエージェンシー」に連れて行かれる。そこで契約書にサインし、即、AVスターになるのだと言い渡される。スカウトはわざと未成年をポルノ出演に勧誘するが、スカウトだけが責任を負わされ、プロデューサーは少女が未成年だとは知らなかったふりをする。スカウトは高い報酬をうけてそのリスクを引き受けるが、起訴されることはまれである。

 

「日本には性は商品として売られるものという文化があります。男女に関わらず、そのことを問題だと思わない人が多いのです。でもJKビジネスで若い女性や少女が口車に乗せられ、欺かれ、搾取される場合、これはもはや人権問題です。」