• Sat. Jul 20th, 2024

Japan Subculture Research Center

A guide to the Japanese underworld, Japanese pop-culture, yakuza and everything dark under the sun.

安倍政権

  • Home
  • 安倍総理の”辞任劇”の真相。勇退ではなく訴追からの逃亡

安倍総理の”辞任劇”の真相。勇退ではなく訴追からの逃亡

し安倍総理がなんらかのレガシーを残したとしたら、それは数々の評判の悪い法案を成立させ、それが今や地雷のように存在していて、いつの日か日本のはかない民主主義を吹き飛ばしかねないということだ。その中にはSF映画の『マイノリティ・リポート』から抜け出してきたかのような共謀罪法、報道と内部告発者を弾圧して黙らせるための、ジョージ・オーウェルの世界を思わせる秘密保護法、そして表向きは平和主義的な日本が戦争を遂行できるようにする安保関連法がある。

Abe-Japan’s Time Machine Back To The Nazi Era

In the summer of 2013, Deputy Prime Minister and Finance Minister Taro Aso, famous for his verbal gaffes declared in a speech to his political supporters, “Germany’s Weimar Constitution was…

日本の報道の自由度がタンザニア以下になったわけ *

報道の大きな使命が権力の監視である、ということを忘れたり、失念したふりをしているヒラメ記者が山のようにいます。  大手の新聞記者は、特権階級にあります。エスタブリッシュの一翼を担っていることを常に自らに問いかけることが必要で、権力に抗う姿勢を失った記者は、AI(人工知能)に置き換わる、単なる書き手に過ぎません。