• Mon. Apr 15th, 2024

Japan Subculture Research Center

A guide to the Japanese underworld, Japanese pop-culture, yakuza and everything dark under the sun.

後藤、肝臓移植、任侠、除籍、絶縁、記者

  • Home
  • A few words about the End of Goto Tadamasa/ 後藤忠政組長の終焉に関する考察

A few words about the End of Goto Tadamasa/ 後藤忠政組長の終焉に関する考察

知り合いのマル暴デカが後藤組長をこう説明しました。「「極道」ではなく、単なる「極悪」だ。古き良きヤクザは堅気に迷惑をかけないよう努力したのだ。義理堅い奴もいた。彼は違う。彼の命令に従った兵隊は一般市民を脅したり危害に加えたりするほか、地上げをやって年寄りを家から追い出したり、民家に火炎瓶を投げたり、詐欺も働き、映画監督さえ殴ったり蹴ったりする蛮行も平気でやる。堅気に迷惑ばかりかける。彼は任侠の客でなく、ヤクザを装った社会病質者で冷酷なビジネスマン。現代ヤクザの金銭崇拝主義の権化」と閻魔顔。