A few words about the End of Goto Tadamasa/ 後藤忠政組長の終焉に関する考察

·     English will follow the Japanese. 

·     この数日間、後藤忠政組長の除籍騒動及びその経緯を客観的に報道するよう頑張りました。除籍の理由は派手な誕生日会だけでないことも昭々であります。警察や裏社会などの情報源から集めた情報を組み合わせて考えると、除籍の理由は大さっぱに次の通りです。(1)2001年、FBIとの取引及び山口組内部情報漏洩疑惑(2)2006年 菱和ライフクリエイト事件での監督不行届。同事件の報道が起爆剤で、金融庁等が暴力団フロント企業の資金獲得活動を厳しく取り締まるようになった(3)2007年警視庁情報漏洩で芸能界との腐れ縁、または愛人問題が判明し、世間騒がせ。本人の不注意が問われた(4)仮病を使って幹部会を慢性的欠席(5)派手な誕生日会で仮病使いの欠席もばれたうえ、また世間騒がせ、マスコミと当局の注視を誘った(6)堅気や一般市民を繰り返して脅かして山口組の任侠団体とのイメージに泥を塗った(7)改正暴対法の施行で、山口組全の存続を危うくし、さらに厳しい改正を誘発する危険分子とみなされたーー誕生日会はあくまでも口実でした。 Continue reading A few words about the End of Goto Tadamasa/ 後藤忠政組長の終焉に関する考察